• ヒロクリニック総合リンク
  • 皮膚科
  • 形成外科
  • 美容皮膚科・美容外科
  • 内科・健康診断
  • 診療内科
  • 加圧トレーニング
  • 介護サービス

治療項目

じんましん・蕁麻疹

じんましん・蕁麻疹

じんましんは何らかのアレルギーによって皮膚が浮腫になる状態です。
通常、全身どこにでも皮疹が出現し、強いかゆみを伴います。かゆいと思って皮膚を引っ掻くと、その周囲にも同じような赤い少し膨隆した皮疹が出現するのが特徴です。皮疹は数時間で消失しますが、再発を繰り返します。
じんましんの原因で有名なものは鯖などの青魚ですが、90%以上の場合には原因が不明である印象を受けています。
治療は抗アレルギー薬の内服で、少なくても2週間程度続けることが、この治療の重要な点です。内服を始めると3日ぐらいで皮疹が消失するため、内服をやめてしまう人がいます。
こうした例ではアレルギー反応がまだ完全に消失していないために、じんましんが再発してしまいがちです。皮疹が消失しても2週間は内服を続けてください。
2週間内服しても皮疹が続く場合には、抗アレルギー薬の種類を変えてみる必要があるかもしれません。不思議なことに人によって抗アレルギー剤の効きが違うためです。 Aの薬剤はBさんに効いたのに、Cさんに効かないといったことはよくありますので、皮膚科専門医の先生に相談してみてください。

多くのじんましんは一過性に出る急性じんましんなのですが、それに対して慢性じんましんが存在します。この慢性じんましんは2ヶ月以上続き、年余にわたって治らないことがあります。慢性じんましんにかかってしまった人は、根気強く抗アレルギー薬の内服を続けていく以外に、あまり良い方法はありません。
ですが、じんましんが決して治らないわけではなく、ある日突然治ることがあります。
これは私自身の実体験です。
じんましんなどのお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

治療項目

  1. 爪白癬・爪水虫

    爪白癬・爪水虫

    爪白癬、爪水虫は皮膚科で治療可能です。

  2. 虫刺症

    虫刺症

  3. 男性型脱毛症・AGA

    男性型脱毛症・AGA

    内服薬フィナステリドでの男性型脱毛症(AGA)治療

  4. 帯状疱疹

    帯状疱疹

    神経に沿って、帯状に疱疹(ブツブツ)ができ、強い痛みが起る病気です。

  5. 多汗症

    多汗症

    保険適応の多汗症治療

  6. 足白癬・水虫

    足白癬・水虫

    足白癬、水虫は皮膚科で治療可能です。

  7. 尋常性白斑

    尋常性白斑

    皮膚の基底層に分布するメラノサイトが減少・消失することで皮膚の色が白く抜け落ちる病気です。

  8. 尋常性乾癬

    尋常性乾癬

    尋常性乾癬とは皮膚の表面にあるケラチノサイト(表皮の細胞)が異常に分化増殖する病態です。

  9. 手湿疹

    手湿疹

    手湿疹は水仕事をしている主婦の方や、美容室や飲食店でお湯をよく使う人によく見られる湿疹です。

  10. 脂漏性角化症

    脂漏性角化症

    脂漏性角化症とは日光によく当たる部位にできる良性の腫瘍です。

  11. 口唇ヘルペス

    口唇ヘルペス

    ヘルペスとは唇と皮膚の境界部にヘルペスウィルスが原因で生じる発疹です。

  12. にきび(尋常性座瘡)

    にきび(尋常性座瘡)

    にきびは、毛の周りに存在する毛嚢という組織が炎症をおこしている状態です。

  13. とびひ

    とびひ

    とびひは伝染性膿痂疹という病気で、皮膚の表面に細菌が感染し増殖している状態です。

  14. じんましん・蕁麻疹

    じんましん・蕁麻疹

    じんましんは何らかのアレルギーによって皮膚が浮腫になる状態です。

  15. しらみ駆除

    しらみ駆除

    シラミの治療には、シラミの成虫から卵にいたるまで完全に駆除することが重要です。

  16. いぼ・うおのめ・たこ

    いぼ・うおのめ・たこ

  17. アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎とは特徴的な分布で慢性湿疹が存在する病態で、特異的なアレルギー反応と非特定刺激反応をともなっています。

  18. アクロコルドン

    アクロコルドン

    アクロコルドンは首にできる直径3mm大までの良性腫瘍です。